笑う少女を刮目して見よ

「ハンバーグ」のことを特別に思っている人って、たくさんいるのかな。過去の体験や固定観念なんかが、「ミネラルウォーター」と頭の中でくっついちゃうことも、あると思うんだよね。
フレーム上

雨が降る大安の午後は立ちっぱなしで

購入した仕立てるために必要な布で、園に9月から通うひとり娘の必要な袋を縫わなくてはならない。
母親である家内が作成するのだが、俺もしたくないわけではないので、大変そうだったら役割分担をしてやってみようと思う。
道具をしまうきんちゃく袋が園に入園するのに必須のようだ。
ミシンもついに家に届いた。
使った感じも試してみようと思う。

陽の見えない金曜の午後はお酒を
珍しく不安定な精神状態に陥ってしまい、ちょっとのことでも集中できなかった。
特定の理由はないけれど、ふとした拍子に悲観的になったり、全部意味のない事に思えた。
そんな精神状態で、とある仕事が入った。
その上そこそこ大きな野外の催し物で大手の案件だった。
間違ったらよくないので我を忘れて夢中でこなしているうちにいつもの明るい気持ちに戻ってきた。
そういえば、あの時、お昼に陽の光を浴びるという事をしなかった。
お昼に外出することも健康の一つかもしれないと思う。

湿気の多い日曜の早朝は窓から

昔から、仕事や家の中の事に追われてしまい、そこまでゆっくりできる時間がない。
ほんの少し時間が手に入っても、自然に次やるべき仕事の納期など、何かの詳細が頭の隅にある。
そんな状況で、大きな時間ができると、かなり嬉しくなってしまう。
よ〜し、このオフをどうやって費やそうかと。
最終的にはほとんどが、あれしたい、これも、など願いのみが重なり、完全には上手くいかない。
特に私はゆっくりペースなので、考えているうちに時は経過。
時は金なり、なんて正に明瞭だと感じる。

月が見える月曜の晩に椅子に座る
このごろ、腹の脂肪を頑張って減らそうと考え腹筋をしている。
子供を自分の足元にのせて回数を声を出し数えながら筋トレを行っていたら、家族との遊びにもなるし、しゃべりだしの子供も数を覚えるし、俺のひどい脂肪も少なくなるし、一粒で二度おいしいことだとばかり思っていたら、最初は、楽しんでいた2歳の娘もだれたのか、しなくなってしまった。

蒸し暑い土曜の日没に散歩を

オフィスで働いていたころ、いまいち辞職する機会が持てなかった。
そこまで辞職したかったという訳ではなかったから。
仕事をする意思がなかったのかもしれない。
面倒くさくなって、ある時、真剣に今月で辞職すると報告した。
こんな日に何でか、入社当時からかなりまじめだと感じていたKさんが、声をかけてきた。
会話の途中で、この気持ちを知るはずもないKさんが「この業種、大変だよね。だけどあなたはもうちょいやっていけるよ。」と言ってきた。
このタイミングだったので胸が苦しくなった。
このことから、その日の帰りに、会社に退職をなしにしてもらった。

寒い月曜の夜はシャワーを
東京でも古くから有名な町が、台東区浅草。
中でも古い寺が浅草寺だ。
ついここ最近、浅草寺詣でに行ってきた。
ごく稀に行く都内の浅草参り。
改めて、自分の目できちんと直視して分かったことは、海外からのツーリストが多いということ。
世界各国より観光客が集まってくるここ浅草、少し前より明らかに多い。
そもそも、世界一の電波塔である、スカイツリー完成の影響もあると考えられる。
近隣からは、ビッグバードハブ化に伴って身近になったという事で、それと、ヨーロッパの方や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れを抱いて来る旅行客が多いのかもしれない。
されおきこれからの未来も多くの外国人観光客が、やってくるということを予想させられた。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る印象を抱いてほしい。
私は、仲見世通りを思いっきり散策することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしをたくさん買って、着物や帯も見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、立派な浅草寺本堂が見えてきた。
この瓦屋根はさびにくい性質を持つチタンを使用して、工事を行ったそう。
秘仏の観音様に日本の平和を祈りしっかりご参拝してきた。
努力がいつか表れるといいなと。

気分良く吠える母さんと枯れた森

一眼レフも、もちろん夢中になってしまうけれど、それ以前にハマると言うくらい好きなのがトイカメラだ。
4000円払えば取り組みやすい物がすぐ持てるし、SDカードがあるならばパソコンでもすぐに見れる。
眼前性や、その瞬間を撮るには、レフが似合うと思う。
けれど、流れている雰囲気や季節らしさを収める時には、トイカメラには他のどれにもかなわないと熟考する。

涼しい月曜の夜に歩いてみる
慢性冷え性になってからは、多少は過酷だけれど、やはり真冬がマストだ。
空気が乾燥しているからか、引き締まったような匂い、そしてこたつのぬくもり。
真冬の太陽って豪華な気がするし、一眼を持って行った、夜の海岸もきれい。
この場合は、良いカメラもGOODだけれどトイでバリバリ連写するのがクールでかっこいい写真が発見できる。

凍えそうな金曜の夜明けに椅子に座る

ネットでニュースを閲覧するけど、新聞を読むこともけっこう好きだった。
今は、無料で見れるネットニュースが多くあるので、新聞はお金がかかりもったいなくて買わなくなった。
ただ、読み慣れていたから、新聞のほうが短時間で多くの情報を手に入れることができていたけれど、ネットのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで見やすいことはある。
一般的なニュースから関連した深いところまで見やすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞はちょっとした場所に小さくてものせているから目につくけれど、インターネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国の債務不履行になってしまうかもというニュースが目につく。
なるわけないと思っていても、仮にそうなったら、他の国もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

息絶え絶えで叫ぶあなたと濡れたTシャツ
知佳子はAさんが大好きだと感じられる。
Aさんも知佳子を大切にしている。
Aさんが出張が決まれば、知佳子も絶対行くし、前回は私も一晩だけ一緒に行った。
Aさんも知佳子も私を同じ呼び方で呼ぶし、何か意見を求める時は、とりあえず、私に質問してくれる。
なぜか目をかけてくれているような感じがしてとても雰囲気が良いと思った。


フレーム下 class=

メニュー


Copyright (C) 2015 笑う少女を刮目して見よ All Rights Reserved.

ページの先頭へ