笑う少女を刮目して見よ

「不運」のことを好きという人もいるだろうし、嫌いな人もいると思う。どうでもいいと思っている人も。君が考える「料理人」はどうだろう?
フレーム上

雹が降った日曜の午前はゆっくりと

育った県が異なると文化が異なることをいっしょに暮しだしてからめちゃめちゃ考えるようになった。
ミックスジュース飲む?と妻からいきなり言われ、ミックスジュースを買っていたのかなと考えたら、家で作ることが普通みたいだ。
缶詰のモモやら他と氷をいれこんで、市販の牛乳を挿入して家庭用のミキサーで混ぜて完成だ。
家で飲んだのは初体験だったが、とっても好きだった。
うまかったし、おもしろいし、私もつくっている。

前のめりで自転車をこぐ友達と公園の噴水
鹿児島の老齢の奥さんは、日々、弔花をお墓にあげているから、なので、花がふんだんに必要で、生花農家もわんさかいる。
夜更けに、車で走行していると、菊の栽培の明かりがすぐ夜更けに、車で走行していると、菊の栽培の明かりがすぐ目に入る。
家屋の明かりはめちゃめちゃ少ない町なのだけれど、菊の為の電灯はしきりに目につく。
菊の為の電灯はしきりに目についても人通りはめっちゃちょっとで街灯の光もとてもわずかで、危険なので、高校生など、JRの駅まで迎えにきてもらっている学生ばかりだ。

余裕で熱弁する弟とアスファルトの匂い

いつも行くショッピングセンターで食料品を探していた。
冷凍食品のコーナーで、チャーハンを選んでいた。
すると、韓国語で表記されている商品を発見した。
良く見て確認すると、トッポギだった。
この夏、韓国へ遊びに行ったときに、何回も韓国を旅している友達に勧められたトッポギ。
日本で冷食として、あのトッポギが売られているなんて、心外だった。

前のめりで口笛を吹く彼女と紅葉の山
人々のほとんどは水分だという発表もありますので、水分は人類のベースです。
水の摂取を欠かすことなく、一人一人が元気で楽しい夏を満喫したいものです。
ぎらつく日差しの中より蝉の鳴き声が耳に届くこの時期、普段そんなに出かけないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女性だったら日焼け対策について気になる方が多いのではないでしょうか。
夏のお肌のケアは夏が過ぎた時に出てくるという位なので、どうしても気になってしまう所かもしれません。
やはり、誰でも気を使っているのが水分補給につてです。
当然、普段から水分のとりすぎは、良いとは言えないもののこの時期は少し例外の可能性もあります。
と言うものの、たくさん汗をかいて、気付かない間に体から水分が抜けていくからです。
外出した時の自身の様態も関係することでしょう。
ともすると、自身で気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏のときの水分摂取は、次の瞬間のコンディションに表れるといっても過言ではないかもしれないです。
ちょっと外に出る時も、小さなものでかまわないので、水筒があったらとっても経済的です。
人々のほとんどは水分だという発表もありますので、水分は人類のベースです。
水の摂取を欠かすことなく、一人一人が元気で楽しい夏を満喫したいものです。

笑顔で熱弁する弟と花粉症

近頃、番組で、マクドナルドのチキンナゲットの食感をまねしたレシピというふうに流していた。
ものすごく似ていると思って、妻にしてもらったが、マクドのナゲットの味では残念ながらないけれど味わい深かったです。
なんというか衣が心なしか違ったけれど、中は、チキンといえばチキンなので、自分くらいの味覚では、わずかの異なるところは何とも思わずたいそうおいしかったです。

自信を持って叫ぶあの子と電子レンジ
太宰の斜陽は、休みなく読めると思う。
戦前は育ちのいい御嬢さんだったかず子が、強くて引かない女性になっていく。
読むにつれて素敵だと思ってしまった僕。
この人のように、誰にも負けない行動力と、固い自我が戦後は必要であったんだと思う。
それもそうだけど、不倫相手である上原の妻からしたら迷惑極まりないとも思える。

雲の無い祝日の午後にひっそりと

今のようにネットが普及するとは、小学生だった自分には全く想像できていなかった。
物を扱う業界はこれから先難しいのではないかと思う。
PCを使って、一番価格の低い物見つけ出すことが不可能ではないから。
争いが激しくなったところで、頻繁に見かけるようになったのが、セミナー起業や情報商材だ。
最近、成功するための手段が売れるようになっていて、何が何だかピンとこない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

風の強い仏滅の午前は友人と
太宰治の「斜陽」をよく読む私は、三津浜の安田屋旅館に宿泊に行った。
共に文学大ファンの恋人。
その安田屋旅館は、彼がこの小説の章の一部を考えるために宿泊した海が見える旅館。
建物の中を進むと、ミシミシと、音がする。
その、太宰が宿泊した二階にある古びた部屋。
富士が半分、姿を出していた。
すぐそばの海の海面にはいけすが張ってあった。
三津浜は見どころが大いにある。

雹が降った祝日の夕暮れは想い出に浸る

名の知れた見学箇所になっている、斑鳩寺、つまり法隆寺へ出向いた。
法隆寺だけという伽藍配置も充分見せてもらい、五重塔、講堂も目にすることができた。
展示室で、国宝指定されている玉虫厨子があり、想像よりも小さなものだった。
このお寺様についてを知るには多分、非常に多くの時を必要とするのではないかと思う。

風の強い水曜の夕方に食事を
なにかしら贈り物を決定しなくてはと考えている。
記念日がすぐで、妻に何かおくりものを渡したいのに、しかしとてもいいプレゼントが考え付かない。
家内に何か手に入れたいものがあれば、話は早いが、たいして、欲しがるものがないので、本人がもらって喜びそうなものが見当つかない。
だけれど、秘密で何か考えて驚かせたい。


フレーム下 class=

メニュー


Copyright (C) 2015 笑う少女を刮目して見よ All Rights Reserved.

ページの先頭へ